リサイクルトナーはメーカー品に負けていない|コピー機で業務改革!

トナー

インクによって異なる

プリンターはメーカーで印刷色合いが違う

カラフル

パソコンが一家に一台ある中、会社にもパソコンがある一台は保有して、無くてはならない存在になっています。会社では印刷物が多く、パソコンがあるようにプリンターも当たり前のように一台はあります。総合プリンターなどではスキャン機能、ファックス機能やA3プリントといった用途に合わせた機能が備わっているものまであります。機能は様々あり、各メーカーによって便利なところが違います。各々機能はある中、プリンターの共通点はインクを用いて印刷されることです。このインクが各メーカーによって色の度合いが変わってきます。機能重視で買った所までは良いが、印刷された部分に若干の気にいらないところがあるということは多々あることなのです。この場合は家電量販店などで各々に印刷された見本があるので比較して納得のいくモノを見極めると良いです。

インク代の費用は多い

プリンターで知っておくべきことはインク代が多く掛かるということです。プリンターを多く使うという人はインクを多く使います。インク代は安いものでも1000円はします。多く使う方でなくてもプリンターの購入金額よりインク代の使用総合金額のほうが超えることは多々あります。費用はプリンター本体代金よりも総合のインク代金のほうが掛かってきます。ここで知っておくべき知識として、コストパフォーマンスとして、一枚の紙に白黒ではいくら、カラーではいくらと金額が書かれているプリンターがあります。そこを見比べることでコストが削減でき、維持費を少しでも抑えることができます。5色や6色といったインクがあるプリンターからインクの色合い、費用などを見比べることがプリンター選びのポイントだと思います。